衣理クリニック表参道とは

衣理クリニック表参道は、 妥協をゆるさない“内外デザイン力”で 医療の質にこだわり続けます。

美しさのかたちは、ひとつじゃない。だから、一人一人が目指す美にハイレベルな造形力で応える

美容医療に不可欠なこと。 それは、一人一人の求める美に完璧に応える 確かな技術と卓越した美的センス。
人それぞれに違う美の価値観を理解し、ライフスタイルを考慮しながらあらゆる選択肢から最善の解決策を導き出す--そんな質の高い「オートクチュール医療」こそ、衣理クリニック表参道の信念です。
特にDr.衣理式ヒアルロン酸注射・ボトックス注射は、さまざまな症例の治療経験から得たテクニックと造形美のセンスに定評があり、当院で最も高いリピート率を誇っています。
見た目印象を思い通りに変える緻密かつ精巧な“デザイン力”で、ワンランク上の美しさを目指します。

健康なくして、美しさは成立しない。だから、内側にも働きかけて 健やかな美をデザインする

内科医として豊富な臨床経験を持つ当院長ならではのもうひとつの強みは、体の内側にも積極的にアプローチできること。
見た目と同時に体の中からも健康的で若々しくあることが本物の美しさにつながると考えるからです。
内科力を生かした高品質なサプリメントやオリジナルのカクテル点滴などを開発するほか、レーザーやメソセラピーなどの治療と組み合わせることにより、シミ、毛穴、ニキビ、ダイエットなどあらゆる悩みを根本から解決していきます。

ひとりひとりの悩みに向き合い、一緒に解決するパートナードクターを目指して

美しくなる。
それは、外面的な事柄だけではありません。

健康ときれい、両方を兼ねた“ハッピーエイジングケア”を志し、医者の道を歩み始めた時から変わらないもの。

それは、患者様と一緒に考え、その方に合った治療法を内外から提案させていただく診療スタイルと、十分な効果が得られたものだけを提供するという強い信念です。

今も昔も変わらないこの気持ちを胸に、患者様視点のパートナードクターとして唯一無二の存在を目指します。

「改善できない肌などない」私は、そう信じています。

クリニック初心者の方に、当院での診察の流れをご説明します。

衣理クリニック表参道では、美容皮膚科診療だけでなく、遺伝子治療や再生医療の豊富な知識を備えた内科医や、臨床経験豊かな形成外科医、婦人科医などが在籍しております。未病医学も含め、幅広い視野からの診療をご提案させていただきたいと考えています。
どんな小さなお悩みでもお気軽にご相談いただける、生涯のパートナードクターを目指して、一人ひとりのお悩みと向き合ってまいります。

  • Dr.片桐衣理

    院長片桐 衣理

    PROFILE

    内科・アンチエイジング専門医・美容皮膚科
    衣理クリニック表参道 院長/衣理クリニックグループ統括院長

    片桐 衣理Eri katagiri

    略歴

    帝京大学医学部卒業。東邦大学医学部附属病院にて、内科全般・循環器の医師として10年間臨床経験を積む。
    都内総合病院にて皮膚科および美容形成外科を学び、総合医療アンチエイジングセンターの立ち上げを経て、全医院の統括院長に就任。数年間務めた後、2001年開業。
    内科・皮膚科の経験を生かし、体の内外両側のアンチエイジングを確立、さまざまな症例の治療経験から得た豊富な臨床経験を持つ。

    • ガルデルマ社「ヒアルロン酸注入特別認定医」
    • ガルデルマ社 「 ヒアルロン酸注入認定技術指導医」
    • ガルデルマ社「COMPLETED THE GALDERMA FACIAL ANATOMY COURSE」取得
    • アラガンジャパン社2018 年「Expert Instructor(注入指導医)」
    • 日本内科学会正会員
    • 日本美容皮膚科学会正会員
    • 日本美容外科学会正会員
    • 日本肥満学会正会員
    • 日本循環器学会正会員
    • 日本高血圧学会正会員
    • 日本抗加齢医学会評議員
  • Dr.貴志和⽣

    医師貴志 和⽣

    PROFILE

    日本形成外科学会認定専門医
    慶應義塾大学 形成外科学教室 教授

    貴志 和生Kazuo Kishi

    専門分野

    形成外科一般、乳房再建、悪性腫瘍切除後再建、外鼻再建、母斑・血管腫、 瘢痕・ケロイド、褥瘡・難治性潰瘍

    略歴

    • 1988年3月 慶應義塾大学医学部 卒業
    • 1988年4月 慶應義塾大学医学部 形成外科学教室 研修医
    • 1989年4月 浦和市立病院( 現さいたま市立病院) 外科医員
    • 1994年5月 慶應義塾大学医学部 形成外科学教室 助手
    • 1996年6月 英国マンチェスター大学生物科学部 留学
    • 1998年6月 済生会中央病院 形成外科 医員
    • 1999年4月 慶應義塾大学医学部 形成外科学教室 助手
    • 2003年4月 慶應義塾大学医学部 形成外科学教室 講師
    • 2010年4月 慶應義塾大学医学部 形成外科学教室 教授
    • 日本形成外科学会 理事 / 日本創傷治癒学会 理事長
    • 日本創傷外科学会 理事 / 日本レーザー医学会 理事、認定医
    • 形成外科手術手技研究会 理事 / 日本シミュレーション外科学会 理事
    • 日本頭蓋顎顔面外科学会 評議員 / 日本抗加齢医学会 評議員
    • 日本再生医療学会 / 日本炎症・再生医学会
    • 日本マイクロサージャリー学会
    • Wound Repair and Regeneration Editorial Board
    • International Wound Journal (Blackwell)  Editorial Advisory Board
  • Dr.落谷孝広

    顧問医落谷 孝広

    PROFILE

    国立がんセンター研究所 がん転移研究室 室長
    東京医科大学教授/大阪大学 医学博士

    落谷 孝広Takahiro Ochiya

    専門分野

    遺伝子治療、分子細胞治療

    研究分野

    エクソソーム、核酸医薬、生体イメージング、ステム細胞、再生医療学、細胞工学、分子腫瘍学

    略歴

    • 1987年 日本学術振興会特別研究員
    • 1988年 大阪大学細胞工学センター文部教官 助手
    • 1991年 米国ラホヤがん研究所(現 The Barnham Institute)
    • 1993年 国立がんセンター研究所分子腫瘍学部 室長
    • 1998年 国立がんセンター研究所がん転移研究室 室長
    • 2012年 テオリアサイエンス株式会社 取締役
    • 2018年 東京医科大学・医学総合研究所教授

    受賞

    • 2000年 日経BP技術賞
    • 2002年 第2回日本再生医療学会 優秀演題賞
    • 2003年 第3回日本再生医療学会 優秀演題賞
    • 2006年 日本人工臓器学会 オリジナル賞
    • 2007年 第5回IFAT国際会議学会賞

    テオリアサイエンス株式会社

  • Dr.岡部圭介

    医師岡部 圭介

    PROFILE

    日本形成外科学会認定 専門医、医学博士
    慶應義塾大学 形成外科学教室 講師

    岡部 圭介Keisuke Okabe

    専門分野

    形成外科一般、口唇口蓋裂、耳介変形、瘢痕・ケロイド、褥瘡・難治性潰瘍、リンパ浮腫、フットケア

    略歴

    • 2004年3月 慶應義塾大学医学部 卒業
    • 2004年4月~2006年3月 静岡赤十字病院 初期臨床研修医
    • 2006年4月~2010年3月 慶應義塾大学医学部 形成外科学 専修医
    • 2010年4月~2014年3月 慶應義塾大学医学部 形成外科学 助教(研究奨励)
    • 2014年3月 慶應義塾大学大学院 医学研究科博士課程 修了(形成外科学)
    • 2014年4月 慶應義塾大学医学部 形成外科学 助教
    • 2016年4月~現在 慶應義塾大学医学部 形成外科学 講師
  • Dr.天野方一

    医師天野 方一

    PROFILE

    腎臓専門医 / 抗加齢医学専門医
    公衆衛生学修士(MPH)

    天野 方一Hoichi Amano

    専門分野

    内科学(主に腎臓内科学)、抗加齢医学、再生医療学、産業医学

    略歴

    • 2010年3月 埼玉医科大学医学部卒業
    • 2010年4月 東京女子医科大学東医療センター 初期臨床研修医
    • 2012年4月 東京慈恵会医科大学付属病院 日本赤十字社 足利赤十字病院、神奈川県立汐見台病院などを経て
    • 2016年4月 帝京大学大学院公衆衛生学研究科 修士課程入学
    • 2018年4月 帝京大学大学院公衆衛生学研究科 博士課程入学
    • 2018年9月 ハーバード大学公衆衛生大学院(Harvard T.H. Chan School of Public Health)

    受賞

    • 第59回 日本腎臓学会学術総会:優秀演題賞(2016)
    • 第22回 日本腹膜透析医学会:ベストポスター賞(2016)
    • 2017年度帝京大学大学院 公衆衛生学研究科委員会賞(優秀賞)
  • Dr.天野暁(劉 影)

    顧問医天野 暁(劉 影)

    PROFILE

    日本未病医学研究センター所長/医学博士
    日本抗加齢医学会評議員/東京大学 食の安全研究センター 元特任教授
    ハーバード大学公衆衛生大学院・日米未病プロジェクトチーム首席研究員
    日本抗加齢医学会 評議員
    日本未病システム学会 評議員

    天野 暁(劉 影)Sho Amano(Ryu In)

    専門分野

    未病と日本人の体質と食事の関連性についての研究、特定保健用食品の研究開発
    医食同源の科学的なアプローチの研究開発、未病とアンチエイジングの研究など

    略歴

    • 1984年 WHO試験合格により来日 日本・順天堂大学医学部にて医学博士
    • 1990年 まだ未病が日本で知られていない時代に初めて「未病」を日本で発信 未病の概念を紹介した、“未病の第一人者” 現在も、未病のパイオニア兼リーダーとして、研究、教育、普及などに全力で努めている

    最新・国際学術論文

    • Journal of Traditional and Complementary Medicine 5(2015) 88-95 Physical and physiological effectiveness of an overall health care program for middle-aged Japanese women with mild obesity: A pilot study―2015 1月22日
    • Journal of Medicinal Food 2014 Mar;17(3):295-301 Agaricus brasiliensis KA21 improves circulatory functions in spontaneously hypertensive rates―2014 1月26日

    天野暁医学博士のご紹介



CLOSE

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-30 入来ビル 4F/5F [Google Map]
TEL
初診の方 : 03-5786-1155
再診の方 : 03-5786-0077
FAX
03-5786-1388
受付時間
10:00〜19:00
最終受付
18:00〜18:30 ※施術内容により異なります。

CLOSE

CLOSE

Page Top